最近のトラックバック

音楽

2008年5月25日 (日)

20数年ぶりのライブ

 今を遡ること1週間前。月曜日あたりはニュースで放送されたので、知っている方も多いことでしょう。 その場所に着いたのは9時30分。本当はあと2時間後に来る予定だった。でも初めに来て正解でした。それは何処かって?ここです。

Mizutani02

これじゃ、わかりませんね。

Lazpona

ラゾーナ川崎プラザです(なして家で撮った団扇?)。何があったのかというと、

Mizutani01

水谷豊さんが14日に発売したアルバムの発売記念イベントです。ライブの他にサイン入りCDジャケットが直接もらえるというイベントです。そのサイン入りCDジャケットの引換券配布時間が12時30分からということでしたが、私の来た時間にはもう引き換えが始まっていて、

Mizutani04

私の番号は461番。一番早い人は4時15分の電車で来たとか・・・・。また、イベントでは大阪から来た人もいたようです。一番上の写真は4時間30分前です。暫らくは並んでいました。でも、広場なので日陰がないのと、色々な諸事情から、列を離れることにしました(その間に川崎大師に行ったのです)。

でも、並んでいればカメラに映ったのかな・・・・。

Mizutani06

12時30分頃に戻ってきました。大分増えています。意外と頻繁に関係者の人が説明に登壇しています。

「予想以上の人出なので、今も(水谷さんは)サイン書いています」と話があると、会場からは笑いが・・・・。

「助け合いの精神で」「撮影、録音はだめ」「何とか全員に何かしらが渡るように」等の説明がありました。ま、引換券もってくれば誰でも貰えるのですから、それなりに人が集まるのは必然だとは思いましたが・・・・。

Mizutani07

開演約20分前です。5階まで人がすごいです。1万人はいるのではと言っていました。今までの動員記録6000人は超えているようです。後の方では特典の引換券を配布しているプラカードが見えます。また、カリフォルニア・コネクションのPVや映画版相棒の映像が後ろのビジョンで流されています。

Mizutani05

メディアの方々の準備も進んできました。

14時近くなって、入り口辺りから歓声があがっています。水谷さんが舞台裏に来たのでしょう。その後は皆さん流れている曲に合わせて手拍子です。

音楽が止んで誰かが上がってきます。皆さん注目しますが、司会進行のテレ朝のアナウンサーでした。そして、改めて水谷さんが紹介されて、いよいよ登場です。

「あー、水谷さんだ・・・・・」

恥ずかしながらちょっと目が潤んでしまいました。まずは映画の話。

「何か始めて話すエピソードでも」という司会者の質問に

「一つ、よろしいですか」

右京口調です。もう、皆さん言うまでもなく・・・。

その後、今回のアルバム

Timecapsule

「TIME CAPSULE」の話に。今回はそれぞれの曲で感情を入れて唄えたという話や、オリコンでの順位の話等があって、3曲ライブがありました。「カリフォルニア・コネクション」「やさしさ紙芝居」「何て優しい時代」の3曲でした。

歌のあとのトークの時も、感想を聞かれて

「はい?」(これも右京口調)

と切り替えしたり、「残念なのは全員の顔を覚えられないこと」と言ったり、ユーモアのある人なんですね。

また、今回は3曲で終わりという話の時は、4曲目からが調子が出るという事を言っていました。冗談なのかと思えば、インタビューではそうともいえないことを言っていたようです。

イベントの最後はサイン入りジャケットの受け渡しです。記者さんとのインタビューの間に色々準備が行われていました。

並んでいる途中、色々考えました。「食わず嫌い王面白かったです」とか「来てよかったです」とか折角きたんですから、一言ジャケット貰う時に言おうとしたのですが・・・・。

Mizutani08

何とか「ありがとうございます」と言うのが精一杯でした。このあと、何か言ってくれたのですが、私にだと思いたい・・・。

一つ残念なのが、観ているだけなのに緊張して、殆ど覚えていないことでしょか。

本当に老若男女幅広い世代の人が集まったイベントでした。行ってよかったです。

水谷豊さんのニュース検索結果(By Google)