最近のトラックバック

趣味

2013年1月15日 (火)

東京オートサロン2013(その2)

大した写真はありませんが、続き。

_dsc0101

_dsc0102

_dsc0098

ギャラリーの多い場所には大体・・・・

_dsc0111

_dsc0122

_dsc0147

2013年1月14日 (月)

東京オートサロン2013

1月11日から13日まで、幕張メッセにて「東京オートサロン2013」が開催されていました。

今回は過去最大の展示面積となり、沢山の車等の展示がされていました。

最終日の13日(本当は12日が・・・・・)に訪れたのですが、たくさんの人でした。11日、12日の両日も昨年よりも多い来場者だったようです。最終的にも昨年より約110パーセント増とか・・・。

シャアと一緒にシャア専用オーリスが展示されていたり・・・。

_csc0158






ナイトライダーが展示されていたり・・・

_csc0167

様々な種類の車を見ることができました。

_csc0159

_csc0160


_csc0162

_csc0168

_csc0166

_csc0163


予定もあったことから、ざっくりと回って帰ってきたのですが、最低でも半日くらいはかけて回らないと・・・・・

_csc0165

_csc0164

_dsc0113

各ブースをじっくりまわることはできません・・・。屋外イベントも見ずじまいでした・・・。

_csc0161 来年はじっくりと出かけたいと思いますが、ガードされてしまうのでしょうか?

2012年12月 6日 (木)

SL奥久慈清流ライン号

先週末。

金曜会社、土曜会社だったので、日曜1日、しかも時間的に大子行きしかチャンスが・・・・。

青柳公園に車を停めて、高架から下りてくるところを狙おうと思ったのですが、もしかしたらヘッドマークが写らない可能性があったので、もう少し先に歩みを進めてみることに。

常陸青柳駅周辺はたくさんの人。JRの職員さんが誘導していますが、大変そうです。

ということで、もう少し先で待機。

_dsc0521


出発時刻を過ぎると、遠くから汽笛が聞こえてきます。

_dsc0523

常陸青柳駅を過ぎてしばらくして、停車しちゃいました。

汽笛を鳴らしています。

何かあるのかなあ・・・・・と思い、進行方向をみてみます。

すると・・・・・

踏切りの非常停止ボタンが押されたらしく、点滅しています。

そして・・・・・・・最低限のマナーは守りましょう。

その近くに来たとき、運転士さんに「離れろ」みたいなジェスチャーをされていました。

こちらとしても止まっている間に何枚か望遠で狙いましたが・・・・。

_dsc0529

_dsc0549

しばらくして、動き出しました・・・ゆっくりと。

_dsc0532

連写は、タイミングが命。

なのに・・・・・。

_dsc0535

写真を撮りつつ、手を振ってみたり・・・・

_dsc0543





本当は水郡線営業所まつりにも出かけたかったのですが、天気があまり良くなかったので・・・・。

次は真岡鐵道で実際に乗車してみたいです。若君がもう少し大きくなってからですかね。

2010年10月30日 (土)

茨城空港開港記念オリジナルフレーム切手

先週22日にこちらの切手が発売されました。

10

茨城空港開港記念オリジナルフレーム切手です。

空港がある小美玉市周辺の郵便局で限定販売されました。

価格は1200円。

上の写真は切手にもありましたが、「帆引き船、梅の花、筑波山」というタイトルです。で、写っているキャラクターは「スカイスリー」というそうです。開港前から見かける看板にこのキャラクターが描かれていたのですが、今回初めて知りました。

関東の紫峰、筑波山を望む霞ヶ浦。湖面に浮かぶ帆引き船と咲き誇る梅の花。美しい自然を背景にスカイスリーを乗せた飛行機は賑やかに茨城空港を飛び立ちます。さあ、楽しい旅の始まりです(添付の意匠解説文より)。

1030002

他には地域の特産品をモチーフにしたイラストや実際の飛行機を利用したもの総計10点で構成されています。

フレーム切手は今回のように地域限定のものも含めてこれまで色々な種類が発売されています。

集めてみようかとも思ったのですが、先立つものがないというか、違う場所に消えていってしまうので・・・・。

でも、店頭で見て衝動買いしちゃったやつもありますけどね。

2010年1月21日 (木)

地方自治法施行60周年記念貨幣

昨日の昼休みにネットを見ていると

「地方自治法施行60周年記念貨幣が本日(昨日なので20日)から配布」

という記事を見かけました。

ということで、相方に連絡し、交換してもらってきました。

郵便局では1人1枚の交換しかできないということで、茨城県の貨幣を交換してきてくれました。ちなみに奈良県の貨幣も昨日より配布されています。

この写真は裏面。これは全ての県で共通のようです。

0121001

第1弾は平成20年12月10日に北海道、京都府、島根県の3県の記念貨幣が発行されました。そして昨年平成21年6月15日に長野県と新潟県。

今回の茨城県と奈良県の貨幣は第3弾となるわけです。

0121002

表には偕楽園と梅が描かれていました。それぞれの県の特徴を出したデザインとなっているようです。

500円貨幣のほかに1000円貨幣も発行されていたようです。こちらのデザインは筑波山とH-Ⅱロケットが描かれているようです。それも、カラーで。でも、こちらは抽選のようです。

発行されることが知っていたら、多分抽選に応募していたと思います。ですが、一番安いセットで6000円・・・・・なかなか手は出せないです。やはり、500円で我慢しておきますか・・・。

来年度はまず高知県、岐阜県、福井県の貨幣が発売され、後半には青森県、愛知県、佐賀県の貨幣の発行が予定されているようです。

2009年3月 2日 (月)

勝浦ビックひな祭り号

 勝浦へは「急行勝浦ビックひな祭り号」で行きました。乗りかえせずに勝浦まで行くことができる便利な列車です。時々(いつも?)JR勝田駅の待避線(というのでしょうか?)に停まっているのを見かけます。こんな風に・・・・・。

3002001

列車自体は昔常磐線を走っていた485系の列車と同系列のようです(違ったらごめんなさい)。現在は今回の様にイベントや団体列車として使用されているようです。

3002006

3002005

昭和51(1976)年製造のようです。昭和63(1988)年に改造を施されたとのプレートがあります。座席が通路よりも一段高くなっていました。右の「指定席」のプレートの裏は「自由席」となっていました。

3002002

3002007

この電車は常磐線→武蔵野線→京葉線→外房線の路線を使用するわけですが、実際どのように行くのか、興味津々でした。武蔵野線と常磐線は新松戸駅で交差しているわけですから・・・・。

そしたら、北小金を過ぎた辺りで、いつもと風景が変わり、途中で列車が止まりました。下段左の写真の場所で・・・そして運転手さんと車掌さんが通路を歩いていきます。その後アナウンス

「列車の進行方向がかわりますので、席を向きをかえてください」と。

そして横を武蔵野線の列車が通り過ぎます。いつの間にか武蔵野線に入っていたのですね。

3002004

3002008

武蔵野線内に入ってから雨が降り出しました。京葉線の蘇我辺りまではスピードが遅めでしたが、それからは徐々にスピードが上がっていきました。

途中、雨の中でしたが、この列車を撮るために沢山の人が線路沿いにいました。そして、雨が上がることなく最後に短いトンネルを5つくらい抜けた先に勝浦駅がありました。

3002009

3002010

勝浦ビックひな祭り号は3月1日から3月3日まで運行されるようです。行きは「急行」との表示でしたが、帰りは多分常磐線に入ってからだと思いますが「臨時」の表示になっていました。

3002013

3002014

この列車の他に「勝浦ひなまつり号」なるものがこの日は運行されていました。こちらは高尾⇔安房鴨川間の運行のようです。

3002011_2

3002012

雨が降っていたので、外でのひな飾りは中止でした。仕様がないので、帰りの出発時間までの約4時間30分、見られるだけ見て廻ることにしました。

2009年1月18日 (日)

東京オートサロン2009

 カスタマイズカーの祭典、東京オートサロン2009が先週末に千葉県の幕張メッセで行われました。1983年にはじまった、チューニングカー・カスタマイズカーを展示する歴史の長いイベントです。

本当は半日くらいいたいところでしたが、約2時間の滞在となってしまいました。

Auto001_2

今回はインポートオートサロンが併催されました。まずはそちらからです。それにしても沢山の人出です。

Auto002

Auto003

Auto004

Auto005

色々な車が展示されてます。会社のSさんの話だと、miniのCOUNTRYMAN KITは本物の木だから、きのこが生えるやつもあるとか・・・・。

屋外でのイベントも行われていたんですが、行くのが遅すぎた(人だかりでよく見えない)のでちら見してオートサロンの会場に向かいました。こちらで気になったものといえば、やっぱりこちらでしょうか。

Auto008

Auto007

どちらもスワロフスキーが車体にちりばめられています。右の写真はホンダ「ライフ」です。内外あわせて3万個が使われているそうです。写真左はギャルソンD.A.Dのベンツです。奥にあるシルバーが数年前に出展されたそうです。今回新たに出展されたのが手前のゴールドに輝くモデルです。ライフの10倍である、約30万個のスワロススキーが使われているそうです。

Auto009

Auto011

GT-KとGT-R。

Auto010

Auto012

トヨタ2000GTと思いきや・・・・フェアレディーZをベースにしたレプリカモデルなんだそうです(ロードスターガレージ)。右はiQのコラボモデル。

車の部品等の知識は限りなくありませんが、色々なブースに展示されている車を見るだけでも楽しかったです。来年は半日くらいかけてまわりたいです。

オートサロン2009(公式サイト)

インポートオートサロン(公式サイト)

2008年8月26日 (火)

水郡線営業所まつり

常磐線全通110周年イベントを途中で抜けて来た先は

Suigun001

JR水郡線(Wiki)常陸大子駅です。イベント開催時は駅入口にはチラシや団扇、冷たい飲み物を配っているボーイスカウト(違ったらごめんなさい)や高校生、観光パンフレットを配る大子町観光協会の方がいました。この常陸大子駅構内に併設されている水郡線営業所にて

Suigun002

水郡線営業所まつりが行われました。上の写真の手前のテントでは鉄道グッズやお土産品。奥に小さく見えるテントでは、レールをスライスしたものを販売していました。

展示車両は今度の土曜日も運行する「快速奥久慈風っ子号」と現在同線内を走っている気動車の展示。

Suigun003

上の写真の気動車は久慈川と新芽をイメージした色。下の写真の気動車は久慈川と紅葉をイメージしたそうです。何種類かのデザイン候補の中から、選ばれたものです。

Suigun0041

あとはディーゼル機関車

Suigun005

が展示されていました。カバーがあいていて、内部も見ることができました。この横では、ミニ電車の乗車体験が行われていました。他には保線車両の展示と(模擬)作業実演が行われました。

Suigun006

手前の建物では、水郡線の各駅の写真が掲示されていました。手前は各種レールです。

Suigun007

趣のある駅舎もありました。一駅ずつまわってみたいと思いますが、接続等の関係から列車ではなかなか難しい・・・・。

そんな中、会場の横に停まっていた列車が出発するための点検を行っていました。

Suigun008

なかなかこんな角度では撮れないので・・・・。常陸大子駅構内というのがよくわかる絵かと思います。

Suigun010

会場入口でしおりをいただきました。時折雨の降る生憎の天気となりましたが、沢山の人で賑わっていました。知っている人は知っているのですね。私はたまたま情報を得たので、来てみた次第です。

Suigun009

帰りは一番後ろで車窓の景色を楽しみつつ、こんな写真を撮りながら帰りました。また乗ってみようかなあ・・・・今度は郡山まで・・・・。

以下は水郡線に関するサイトです。

 水郡線の旅(グリーンふるさと振興機構のHPです)

 水郡線紀行:福島県内の駅や観光に関する情報サイトです

  (水郡線活性化対策協議会のHPです)

2008年1月18日 (金)

カスタマイズカーの祭典(番外編)

 東京オートサロンのお話も(って写真載せてるだけか)今回が最後。マッハ号が展示されているとは知らなかった。撮りたかった・・・・・。

  それは置いといて、ホール内をうろちょろしていると、何やら破損した車が展示されています。何でしょう?事故にでもあった車なのでしょうか?(中ホール D1ブース)

Soccer001↑前面

Soccer2↑背面

 近くでは映像を流しています。「安全運転」を諭す映像かと思って観てみると、違います。なんと、ボールを奪い合っています。ブースをよく見ると、「自動車サッカー」という文字が見えます。

Soccer3↑サッカーボール

一番初めの写真の奥にも「チラッ」と写っていましたが、上の写真が公式球のようです。触ってくればよかったと、ちょっと後悔。その球を用いて車でサッカーをするのが「自動車サッカー」というようです。初めて知りました。なかなか面白いと思いました。

 また、車だけではなく、バイクも展示されていました。

Bike ↑TRIKE JAPANブース

最後に、ちょっといつもと違う感じの写真を一枚。

White ↑着物姿

 BRANEWブースでの一枚。白い車に白い着物。何か新鮮に映ったので、載せて見ました。

 次の予定が詰まっていたため、約2時間30分くらいしか滞在できませんでした。車関係のイベントでは東京モーターショーもありますが、それとは一味違ったイベントでした。私にはこっちのほうが合っている感じでした。次回は、ゆっくり見て回れるように時間を考えて行こう。

Top

東京オートサロン2008(公式HP)

  1月11日から13日まで開催 

  ※11日は業者、報道関係者招待日 一般特別公開13時~

 ※本ブログ中の画像は東京オートサロン会場内、D1及びBRANEW,TRIKE JAPANのブースで撮影した写真を使用しています

2008年1月15日 (火)

かスタマイズカーの祭典(その2)

 昨日に引き続き、東京オートサロン2008のお話です。今日は日産GT-Rが色々なブースに出展されていたので、撮った範囲で集めてみました。

Gtr1↑日産:SUPER GT 2008参戦予定車両

Gtr02↑BLITZco.,Ltd.:BLITZ GT-R

Gtr3 ↑株式会社ワークブースより

Gtr05 ↑BADXブースより

 それぞれのメーカーさんの特性を注ぎ込むことで、個性のたったGT-Rになっているのではと思います。もう何枚かはあるんですが、写真ばっかりになってしまうのも「あれ」なんで、この辺でおしまいにします。

 スポーツカーって一度は乗ってみたいと思いますが、何せ先立つものがありません。今年こそは、ジャンボかtotoを当てたい、そして、車を替えたい。年収の○倍にあたるGT-Rになるかどうかは別にして。遊び用と通勤用とは別に欲しいですね・・・・理想だけはいつも高く持っているのですが・・・・。どちらにしても、車を購入する時は、エアロパーツは付けると思います。

 すみません。もう一回だけ続きます。明日ではありませんが・・・。

東京オートサロン2008(公式HP)

  1月11日から13日まで開催 

  ※11日は業者、報道関係者招待日 一般特別公開13時~

 ※本ブログ中の画像は東京オートサロン会場内、日産自動車、BADX、株式会社ワーク、BLITZco.,Ltdの各ブースで撮影した写真を使用しています

より以前の記事一覧