最近のトラックバック

文化・芸術

2017年9月 5日 (火)

あけのひまわりフェスティバル2017

最終日に出かけてきました。
たくさんの人でした。
Csc_7254八重がメインのようです。
Csc_7259
ほぼ見ごろでした。

中央では飲食ブースが設置されていました。
Csc_7258また、展望台には長蛇の列ができていました。
Csc_7260
なので、ひまわりの中を歩いて終了。
Csc_7261
いい天気でした。
Csc_7255

2017年8月16日 (水)

第60回 日立あんどんまつり

夜の動物園の期間に開催されている日立あんどんまつり。
追記)16日・・・・本日まで開催でした。申し訳ありません。

Dsc_5911今回で60回目のようです。
Dsc_5914
Dsc_5920
Dsc_5925

Dsc_5902一般応募に加え、市内の子供たちの描いた作品492点が展示されていたようです。
Dsc_5900

2017年8月15日 (火)

夜の動物園

日立市のかみね動物園に出かけてきました。
本日まで夜の動物園と称し、開園時間を21時まで延長しています。(最終入場は20時15分まで)
Dsc_5894Dsc_5864
Dsc_5837
飼育員さんのえさやりタイムもあります。
Dsc_5863ゾウからカピパラたちがいる場所へは、工事中のため、遠回りすることになります。

3年ぶりとなりましたが、カピバラを間近で見ることができる施設が完成していました。
M1270003
フラミンゴは卵を温めていました。
Dsc_5804
夜の動物園は浸透しているようで、たくさんのひとが訪れていました。
Dsc_5757

2017年7月17日 (月)

壬生町 おもちゃ博物館

栃木県壬生市にある、栃木わんぱく公園です。
Cimg9665緑が多く、いい公園だと思います。
Cimg9666
北関東道の壬生PAからも目と鼻の先。
道の駅と供用のため、外部からも入ることができる、PAからは
車を置いたままでも、訪れることができます。
Dsc_2398
今回はいろいろある施設のうち、おもちゃ博物館に行ってみました。

おもちゃ博物館は、21世紀を担う子供たちがおもちゃとの触れ合いを通して、心豊かで創造性にとんだ人間に成長すること等を願い、1995年に開館しました。
まず、1階。
きっずらんど、からだあそびぞーんと。
Cimg9697
上の写真は中庭。夏はプールになるようです。
Cimg9669
上の部屋は「きんぐとくぃーん」すべり台や球遊びができます。
この、きんぐとくぃーんの部屋の先は別館となり、わくわく夢広場とその2階には鉄道模型の部屋があります。
Cimg9672
↑わくわく夢広場
Dsc_2214
窓際にはトミカが展示されており、遠くから見ると・・・。
この時は特にイベントが開催されていてなかったので、休憩に使用させていただきました。
夏休み中はイベントが行われるようです。
Dsc_2259
別館2階は鉄道模型の部屋。HOゲージとNゲージがありました。
Dsc_2238
体験運転もできますが、自分の持ってきた列車も運転させることができるようです。
2階はきっずたん。でんじ・たいけんぞーんとなっています。

色々な種類のおもちゃがテーマごとに展示されています。
Cimg9686
Dsc_2279
昔プレイした懐かしいモノや、今でもおなじみのおもちゃが展示されています。
Dsc_2350
Cimg9703
なりきりスタジオなるものもあり、好きな衣装に着替えて、記念写真を撮ることができます。
3階はそらのひろば あそびてんぼうぞーんとなります。
Cimg9708
小さい子向けですね。
景色もよく、天候が良ければ、日光連山を見渡すことができます。
入館料 高校生以上 600円 4歳から中学生 300円
開園時間 9時30分~16時30分 8月は17時まで。
1月3,4日は10時30分から14時30分
休館日 8つきを覗く毎週月曜日(祝日等の場合は翌日)
※一部文章はおもちゃ博物館HPより引用。

2017年6月16日 (金)

奉納土俵

6月11日に水戸市城東にある、常陸山生誕の地で横綱稀勢の里関による奉納土俵が行われました。
11時30分開始ということで、10時くらいには到着したかったのですが、実際は10時30分。
Csc_3988小学校の臨時駐車場は満車で、日赤の駐車場に停めて行きました。
帰る時は100円だけ払いました。

2年前に行われた白鵬関の奉納土俵以来となります。
Dsc_3884
その時よりも人が多かったように思います。
踏み台をもっていって正解でした。

予定より少し遅れて横綱到着。
Dsc_3880
暑かった。
水分補給は必須ですね。

色々式典後、いよいよ土俵入りです。
Dsc_3940
露払いに松鳳山関、太刀持ちに髙安関。
Dsc_3949
雲竜型の土俵入りです。
Dsc_3951
Dsc_3963

2017年5月11日 (木)

那珂の端午の節句展

5月7日まで、那珂市の曲がり屋、公民館、歴史民俗博物館にて、「那珂の端午の節句展」が行われていました。
まずは、総合公園内にある、歴史民俗博物館。
Dsc_0734昭和の時代の五月人形が飾られていました。
Dsc_0730
次に中央公民館。
Dsc_0751
最後に曲がり屋。
Dsc_0755
Dsc_0765
今回初めて訪れましたが、しばらく前から行われているようです。

2017年3月19日 (日)

第9回 那珂のひなまつり

1月28日から3月5日まで開催されていた、第9回那珂のひなまつり。
最終日に出かけました。
メイン会場の一つである、那珂市曲がり屋。
Dsc_0343訪れてみたいと思っていた場所です。
街中にありました。
Dsc_0344
毎年テーマを決めて展示が行われているようです。
Cimg8847
今年は「寿」
Cimg8852
那珂市内各所につるし雛が展示されていたようです。
曲がり屋の道路を挟んで反対側には那珂市公民館があり、そこにも展示がありました。
Cimg8876
曲がり屋の駐車スペースは少ないので、こちらに停めるのがいいかと思います。
Cimg8869

2017年3月13日 (月)

夜・梅・祭2017

昨年に引き続き、出かけました。
見晴らし広場と園内散策のみ。
とりあえず、歴史館に車を停めて移動。
西口入ってすぐにあったのが、夜梅屋台村。
Cimg8939お米の麺も気になりましたが、若君がラーメンを食べたいというので、ちゃあしゅう屋さんで購入。
Cimg8944
こちらは800円。私好みのやわらかチャーシューでした。
Dsc_0063

Dsc_0071この後、見晴らし広場へ移動。
Dsc_0089
Dsc_0093
キャンドルアートが展示されていました。子供がうろついているとうるさい人もいましたが・・・・。動いている人はシャッタースピードでなんとでもなると思うのですが・・・・。
Dsc_0132
Dsc_0141
この後、梅林と竹林を通り、表門より帰宅。
花火は1時間以上待たなければいけなかったので、パス。

2017年3月 7日 (火)

偕楽園

偕楽園にお散歩。
この週末に出かけてきました。
Dsc_0262いつもの通り、歴史館に車を停めて向かいました。
歴史館の梅も観つつ・・・。
Dsc_0267
31日まで梅まつり開催中。
Dsc_0350
2月下旬から6時から開園中です。
全体の9割が開花しているということで・・・・。
Dsc_0331
綺麗でした。
昨年よりも気持ち早めでしょうか。
Cimg8818
今週末の11日には偕楽園で「夜・梅・祭」が開催されます。
Dsc_0324
Dsc_0289

2017年2月23日 (木)

淡水魚館

常陸大宮市山方にある、淡水魚館です。
Dsc_0618芋煮会場となる清流公園の入り口にあります。
Dsc_0599
久慈川を再現した渓流水槽があり、身近な魚から珍しい外来魚が展示されています。
Dsc_0601
Dsc_0604
また、特別天然記念物である、オオサンショウウオも見ることができます。
Dsc_0608
入館料は大人が150円、小中学生が70円です。
開館時間は3月1日から11月30日までは午前9時から午後5時、12月1日から2月末日までは午後4時までとなります。

より以前の記事一覧