最近のトラックバック

アニメ・コミック

2009年8月31日 (月)

会場視察

0831002 といっても、外観ですが・・・。

こちら茨城県水戸市にある、京成百貨店です。昔はこの場所に伊勢甚百貨店がありました。京成百貨店は向かい側に。

伊勢甚百貨店の閉店を機に、こちらに移りました。ちなみに昔の場所では商業施設である「キミット」が新たにオープンしています。

写真を右側には交差点になっており、写真の背にある道・・・下の写真のように細いですが・・・を歩いていくと

0831003_2

右側に目に入る建物があります。

0831004 水戸芸術館です。

様々な催しが行なわれてますね。先日もさだまさしさんがいらしたみたいです。

で、この芸術館の前の道を挟んだ向かい側にあるのが、今回紹介する、水戸京成百貨店跡地です。

ここで、来年の3月に「コミケット・スペシャル」が開催されるんですね。

0831001

「コミケでまちおこし」をテーマに開催団体を公募したところ、21団体から応募があり、その中から水戸市が決まりました。

まちおこしというテーマから開催場所が市街地というのも大きかったようです。実際、水戸駅から歩いても10分くらいで到着します・・・15分かな。

コミケットスペシャルは、夏・冬に開かれるコミックマーケットとは別に、5年に1度開催されているようです。

HPによると、参加サークルは各日1200SP、一般を含めた総参加者数は3000~5000人を想定しているそうです。

083100

コミックマーケットは昔行ったことがありますが、大変な人が押し寄せていました。茨城からだと始発の電車で行っても着くのが7時30分。本等を購入している時間より、並んでいる時間が多かった・・・・。

今回、茨城県で開催されるということで、どんな感じで開催されるか、楽しみです。

来年の3月21、22日に開催されます「コみケッとスペシャル5 in 水戸」のHPはこちら

2009年8月29日 (土)

ガンダムを見にいけない人は・・

ネットで紹介されたいたので、つい、買ってしまった。

0829001

集英社さんから発刊された「Real-G」です。価格は1000円。会場では公式ガイドブックが販売されていますが、今回設置された等身大ガンダムのことを知りたいのであれば、こちらが詳しく書かれています。

この本は3つの章にわかれており、スタッフのインタビューを織り交ぜながら、第1章では普段では撮ることのできない場所からのガンダムが掲載されています。もちろん、誰でも撮れる場所からの撮影もありますが、流石です。

第2章では組み立て過程が。そして最終章では設計から完成までの過程が紹介されています。

0829002

最後には総監督である富野氏のインタビューも掲載されています。

これを見ると、会場に行かなくてもスケールの大きさが実感できると思います。

発売は約1ヶ月前。気になる方は探してみてください。

2009年8月28日 (金)

夜のガンダム

大分暗くなってきました。漆黒の闇(ちょっと違いますが・・)に浮かび上がるガンダムもいいですね。

0827001

7時を過ぎても人が減る気配がありません。

時間によって(確か30分毎かな?)はガンダムが動きます。首が動くんです。上下左右に・・・。

0827002

0827003

効果音もバッチリ、各部からはスモークが出ています!

0827006

0827004

一通り動き終わった後にはどこからともなく拍手が湧き上がってきました。

行った人はおわかりかと思いますが、ガンダムの下を通ることができるんですね。折角ですので、通ってきました。

0828001

0828002

「立ち止まらずにお進みください」と書かれていますが、皆さん真下で写真を撮ったり、触ったりしているので、進む速度は遅かったです。

0828003

0827008

折角なので、ご多分に漏れず私も撮ってきました。ついでに触ってきました。その感触は思ったより・・・・・。ま、プラスチックですから・・・。

0827009

08270010

今日も入れて残り4日となったガンダムの展示。今週末はいつもよりも混雑するのでしょうね。

0827011期間を過ぎたら解体されて、他のイベント等で利用されるようですね。

0828004 等身大ガンダムの情報が掲載されている、「GREEN TOKYOガンダムプロジェクト」のHPはこちら

公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」HPはこちら

2009年8月26日 (水)

ガンダム、お台場に立つ!

「やっぱり、観にいくしかないでしょう!!」ということで、行って来ました・・・先月。なので肩のマーキングも現在バージョンではありません。

ゆりかもめに新橋駅から乗っていったのですが、レインボーブリッジ辺りからでも、その勇姿を見ることができました。

最寄り駅は、台場若しくは船の科学館となりますが、私は台場から行きました。感触的には船の科学館の方が乗降しやすい感触を受けました。会場である潮風公園には人の流れにのれば、ほぼ迷うことなく到着します。

Gun001

でかいですねー。さすが等身大です。見えたらもうシャッターを切ってましたね。

Gun002

もう少し進んだところで撮ったのが左の写真。訪れたのが7月19日。18時を過ぎた辺りでしたが、沢山の人が訪れていました。

先日のニュースで来場者が300万人を超えたとか・・・・。また、先週末はオープニングイベント時の様にガンダムがライトアップされたようですね。

入口がガンダムに向かって後側なので、まずは背部からの撮影です。

0826002

0826003

0826004

右背部からの全体図と左の位置から上部と下部の拡大写真が右。まず、大きさにも感動しましたが、各部のディテールの細かさにも感動しました。右下の足の写真だとよくわかると思います。大きさが。

0826006

0826008

あとは、写真のオンパレードということで・・。

0826009

0826010

0826012

0826011

皆さん近くで撮っていますが、ちょっと高い場所に撮影スペースもあったようです。でも、有料だったような・・・・。

0826014

0826013

0826018

0826017

0826016

ちょっと暗くなるまでいたので、明日はその写真を・・・いや、単にネタがないだけなんですが(^^ゞ

0826015

いよいよ残り1週間を切った「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」

一見の価値はあると思います。時間は10時から20時となっているようです。

公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」HPはこちら

2009年8月10日 (月)

ドラえもん大感謝祭

テレビ朝日に行ってきました。

0810002

先週末はドラえもんのアニメ放送30周年と来年公開される映画30作目を記念して「映画・アニメ30thドラえもん大感謝祭」が行われていたようです。

六本木ヒルズアリーナでは「ドラえもん大感謝祭ステージや上の写真の様にドラえもんの映像が流れてたり、9月3日のドラえもんの誕生日に合わせてメッセージカードを贈るテント等がありました。

ステージではドラえもんとの記念撮影が行われていました。

0810001 テレビ朝日アトリウムに入ってみました。

大きなドラえもんのバルーンがお出迎えです。奥に見える東京タワーの模型の下にはドラえもんのぬいぐるみが並べられていました。

0810004

歴代の映画の衣装を着たドラえもんです。年毎にちょっと違うドラえもんのぬいぐるみです。

他にはひみつ道具をモチーフにしたゲームやドラえもんと(合成)写真が撮れるコーナーがありました。

ま、おぢさんなので、その辺はスルー。こちらを見てきました。TVや映画に関する展示スペースです。

0810010_3

来年公開になる映画に関する展示や現在まで公開された映画のポスター。

そして「30周年記念ギャラリー心に残るお話」、「30年後ののび太の町」、「ドラえもん誕生日スペシャル」に関する展示を見てきました。

今年の誕生日スペシャルは9月11日に放送されるようです。

0810011

また、スタンプラリーも開催されていました。

0810006 会場内10箇所にあるポイントのうち、5箇所のスタンプを集めてゴールに行くと、商品がもらえるとのこと。

折角なので、集めてみました。

0810007

で、もらえる商品がこちらでした。

0810008

「うちわ」か「動くドラえもん(←勝手に命名・・いや、単に名前忘れただけ)」がもらえます。

0810009

8月23日までは全国各地のドラえもんグッズを集めたお店「ドラや」が営業しています。限定品もあるようです。

初めて観たのが夕方6時50分から10分間の放送だったと思います。「♪あったま でっかで~か・・・」のフレーズが今でも頭に残っています。

大人から子供まで幅広い世代の人に愛されている「ドラえもん」。これからも40年50年と続いていって欲しいです。

2009年7月31日 (金)

ガンダム × ゆりかもめ スタンプラリー

スタンプラリーやってきました。

台紙とポストカードセットで500円。

077

0731001_2

5箇所のうち、2箇所は改札の外に出ないと押せないです。1箇所はもちろん実物大ガンダムが置かれいる、潮風公園。もう一箇所が有明駅。0731004

こちらの券を購入し、乗ってきました。1日乗車券です。売切れるまではゆりかもめの各駅で発売される乗車券はこのタイプのようです。本当は横のタイプ(窓口用)が欲しかったんですが、売り切れ・・・・。

0731002_2

スタンプが全部押されると、こんな感じ。「ビグザム」が何で2重に押されてるのか・・と思ったら、下にうっすらと印刷されてるんでした・・・。

で、ポストカードがこちらの3枚。

0731003

ガンダムのメカニックデザインを手がけた大河原邦男さんのイラストです。やっぱりかっこいいです。1枚オリジナルのイラストがあると、なおうれしかったですが・・・・・。

こちらのスタンプラリーは8月31日まで実施されています。ガンダムを見に行かれた際は回ってみてはいかがでしょう?

ゆりかもめからの景色をゆっくり眺めつつ・・・・。

ただし、ゆりかもめの各駅は営業時間内であればいつでも押せますが、潮風公園内のみ、10時から20時までの設置となりますので、注意が必要です。

今回の情報も掲載されていた、公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」はこちら

2008年9月11日 (木)

機動警察パトレイバー

 レイバーそれは産業用に開発されたロボットの総称である。建設、土木の分野に広く普及したが、レイバーによる犯罪も急増。警視庁は特化車両二課、パトロールレイバー中隊を新設してこれに対抗した。通称「パトレイバー」の誕生である。

 で始まるアニメが「機動警察パトレイバー(Wiki)」です。20年前にOVAから始まり、その後映画になり、テレビアニメになった、あの当時では珍しい流れを汲む作品だったと記憶しています。ロボット=レイバーを用いた犯罪に対応する警察の話かと思いきや、特化車両二課、略して「特車二課」の課員たちの日常をメインにおいた話だったと記憶しています。また、普通のアニメでは見られないような場面も・・・・ある放送回では後半を屋台で酒を飲むシーンだけというのもありました。また、その反面シリアスの回もあったり・・・。

なんでこんな話をしているのかというと、先月郵便局に行った際に、こんなものを見かけたからです。

Pato001

これは買った時に解説書だと言われて合わせて貰った物です。下が裏面

Pato002

受付の所に袋に入ってぶら下がっていたので、つい購入してしまいました。何を買ったのかというと、

Pato003

そのパトレイバーのイラストを使用した切手です。アニメヒーロー・ヒロインシリーズの第8集として、発売されたものです。左半分が切手です。値段は800円(80円×10)。

平成15年に第1集の鉄腕アトムが発売(アトムの物語上の誕生年が平成15(2003)年)され、その後ポケモンやガンダム等の切手も販売されたようです。本当は今年2月に発売された第7集「まんが日本昔ばなし」で終了だったのですが、好評のため、販売が継続されたのこと。今年度はもう1つ発売されるようです。

切手の絵柄は以下の通りです。

Pato004

下の写真のいちばん下の切手のみ、コミック版を担当したゆうきまさみ(Wiki) 氏のイラストのようです。その他はキャラクターデザインの高田明美(Wiki) 氏、メカニックデザインの出渕裕(Wiki) 氏のイラストでしょうか?

このほかに脚本の伊藤和典(Wiki)氏、監督の押井守(Wiki)氏を合わせた5人がこのパトレイバーの原作者であるヘッドギアのメンバーです。

Pato005

原作者が描いたと思われるこの絵を見て、衝動買いをしてしまいました。

今まで発売された切手については、日本郵便のホームページをご覧ください。

2008年8月17日 (日)

ポニョがジャック。

 ちょっと前に、スームイン!SUPERで放送していたのを見て、行ってみました。

 新宿駅西口出てすぐのところです。

Sinjyuku001

 奥側がJR新宿駅西口になります。この場所は新宿駅西口広場というらしいです。そのエリアの支柱部分に挿入されている広告が、今月末まで「崖の上のポニョ」のイラストが挿入されているというものです。

Sinjyuku003

思ったより沢山あります。描く下ろしではなく、映画等で使用されたものを用いているようです。キャラクターのイラストもあれば、

Sinjyuku004

 背景のみのもあります。

Sinjyuku002

 映画は観てはいないのですが、CMで観たことのある絵もありました。他の絵については、実際に見てのお楽しみということで・・・。

 今回はCGを使わず全編手描きのセルを用いた作品だそうですね。TVCM等で観ていると私個人の感想として、CGの平坦でシャープな絵と違い、やわらかい、ぬくもりのある絵に見えます。CGにしても、手書きにしてもアニメータの方の努力があってこそですけどね・・・。

 オヤジ一人で観にいくのはあれなんで、機会でもあれば・・・・。 

 この展示は今月いっぱい新宿駅西口広場にて行われています。

2008年8月16日 (土)

ガンダムEXPO東京2008

 池袋サンシャインシティーで行われている、ガンダムEXPO東京2008に行ってきました。ガンダムEXPOに来るのは2年ぶりです。その時は開演前に来たので、大分行列ができていましたが、今回はお昼頃だったせいか、スムーズに入ることができました。

まずは、1/12のガンダムがお出迎えです。今回のEXPOは全部で7つのゾーンで構成されています。その一つ目は「アムロVSシャア 巨大ジオラマゾーン」です。ファーストから逆襲のシャアまでの2人の戦いが巨大MSを使用して再現されています。

Gundam003_2

このシーンは「ガンダム大地に立つ」。ま、有名(?)なシーンですね。他には

Gundam006_2

ア・バオア・クーでの最終決戦の場面が、ファーストガンダムゾーンでは巨大MSで表現されていました。

ファーストのエリアでは他には1/144のホワイトベースや、実物大の

Gundam004_2

シャア専用ザクの頭(対比がイマイチわからないですね)や

Gundam005_2

今だからできる、ファースト時代のMSが入り混じったジオラマが展示されていました。

エリアを進んでいく途中。それぞれのキャラクターデザインである安彦良和さんや北爪宏幸さんの複製原画が展示されていたり、それぞれの搭乗したMSがMGのプラモデルで展示されていました。

そして次のエリア-ゾーン2は「歴代ガンダムゾーン」です。今まで放送されたガンダムのポスターとともに、その代表MSのプラモデルが展示されています。

Gundam007_2

ファーストガンダムのポスター、もうちょっとちゃんと撮ってくればよかった・・・。

この先はガンダムSEEDの展示があり、中央ではガンダムの映像が流れていました。私がいたときは「ターンAガンダム」でした。このエリアには他にコックピットが展示されています。

Gundam008_2

写真のガンダムと奥にはZガンダムのコックピットがあり、実際に座ることができます。

次のゾーンは「最新アイテムゾーン」で、各社から発売されている(発売される)商品の展示が行われています。

Gundam009_2

プラモデルのところでは、過去の作品と、現在(MG)の展示が行われていました。私が初めて買ったのは1/144の旧ザクでした。それから、何個買ったことか・・・・。でも、プラモデルよりは箱絵や説明書に興味があるので、昔発売された「ガンダムショップ」のMG版が発売されることを希望。約30年前は一色で稼動部も少なかったのが、多色成型で組み立てるだけでほぼ設定と同じ様に組み立てられ、色々なポーズを決められる。技術の進歩は凄いですね。

展示物としてはこれが最後のゾーンとなる「ガンダムOO」ゾーンです。10月からセカンドシーズンが始まりますね。展示としてはファーストガンダムと同じような感じで、

Gundam010_2

巨大MSとジオラマがありました。

Gundam011_2

F91以降ってあまりよくわからないので、こんな感じで展示されていました。

この次はゲーム体感ゾーンとプラモデル販売ゾーン。あと何やら係員が物々しく何人も医あると思ったら、ステージ&シアターの前で、何やらイベントが行われていたようです。

Gundam001_2

ガンダムEXPO東京2008は明日までです。ファースト世代が好きな私には、なかなか楽しめました。

ガンダムEXPO2008(GameWatchサイトです)

池袋サンシャインシティ(公式ページ)

文化会館2階 展示ホールD

10時から17時まで(最終入場は16時30分)